top of page

これで大丈夫「小学校高学年からのスクール水着選び」


これで大丈夫「小学校高学年からのスクール水着選び」!




 

タイプ別のメリットとおすすめの購入方法



親が子どもだった頃は、スクール水着といえばワンパターンであり「選ぶ」ということはできませんでした。しかし今のスクール水着にはさまざまなタイプがあります。

小学校高学年は子どもの体形が大きく変わる時期であり「どのタイプのスクール水着を選べばいいのだろう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、スクール水着選びのヒントになるタイプ別のメリットをお話します。さらに賢く目当てのスクール水着を購入できるおすすめの購入方法を紹介します。




・スクール水着のタイプ別メリット




スクール水着ワンピースタイプ(スカートつき)

<ワンピースタイプ(スカートつき)>

上下が一緒になっているワンピースタイプには、腰回りにスカートがついているタイプとついていないタイプがあります。スカートの有無にかかわらず、ワンピースタイプは上下一体になっているため紛失や忘れ物のリスクが低くなります。


スカートつきタイプのメリットは「可愛らしさがあること」と「腰回りのカモフラージュ」です。低学年は「水に慣れる」「水泳を好きになる」が授業の目的のひとつです。可愛いスカートつきの水着は水泳を好きになるきっかけになるでしょう。高学年になると自分の体型を気にします。お腹周りや腰回りをスカートで隠せることで安心して授業に参加できるのではないでしょうか。

ただし、泳ぎが得意な子どもはスカートが邪魔に感じることがあります。その場合はワンピースタイプ(スカートなし)やセパレートパンツタイプがおすすめです。



スクール水着ワンピースタイプ(スカートなし)

<ワンピースタイプ(スカートなし)>

スカートがついていないワンピースタイプのメリットは「定番である」と「着替えやすい」です。小学校高学年以上になると「みんなと違う」を嫌がるようになります。定番であることは大きな魅力になります。また、高学年になると着替えるスピードも求められるようになります。シンプルなワンピースタイプは着替えやすいです。


高学年女子で水着を選ぶときには「パットの有無」を必ずチェックしましょう。パットだけ別売りになっていることもあります。また、すべてのサイズにパッドが入れられることはなく、一定のサイズ以上(一般的に140~150サイズ)からパットを入れるポケットがつきます。取り外しができるパットであれば成長に応じて使うことができるためより便利です。




スクール水着ワンピースタイプ(スカートなし)

<セパレートパンツタイプ>

上下で分かれているものがセパレートタイプです。ボトムスがスカートタイプとパンツタイプがあります。

セパレートパンツタイプのメリットは「露出が少ないこと」と「服のように着られること」です。セパレートのパンツは、太ももが隠れるくらいの長さがあります。肌の露出が少なく、服のようなデザインの水着は思春期の子どもに人気があります。


ただし、セパレートタイプは上下が別々になっているため、動きによってはトップスの裾がめくれてしまうことがあります。しっかりと泳いだり、動きがあったりするときにはトップスとボトムスがボタンなどで留められる「めくれ防止対策」がある水着を選ぶといいでしょう。




スクール水着ラッシュガード


<ラッシュガード>

ラッシュガードとは、名前の通り肌をケガや日焼けによる発疹(ラッシュ)から守るために着るものです。学校のプールでは、日焼け止めクリームの使用が禁止されていることがあります。そのため、水泳の授業で日焼け対策としてラッシュガードを使うことが増えているのです。ラッシュガードは水着と合わせて準備しておきたいアイテムです。また、高学年では体型カバーとしてラッシュガードを着る子どもも増えています。


学校のプールが屋外の場合は日焼け対策が必須です。ラッシュガードだけでなく水着も紫外線カットできる素材がおすすめです。





 


ネット


・スクール水着のおすすめの購入方法は通販

スクール水着は、スクール用品の中でも値段が高いものです。スポーツブランドで水着とラッシュガードを買ったら1万円を超えたという話も耳にします。また、子どもの成長は早いです。「去年の夏に着ていた水着が今年はピチピチになっていた」ということもよくあることです。


値段が高いわりにサイズアウトが早いスクール水着は通販がおすすめです。スクール水着を扱っている通販サイトの中にはスクール用品に特化している業者があります。学校の授業で使う水着には細かな条件があることがほとんどです。スクール用品に特化している業者ならば、学校指定の仕様や色に適した水着を用意しています。


水着は、実際に着てみたらサイズが合わなかったということもあります。通販で購入するときには「サイズ交換ができる業者」を選びましょう。

また、夏期の水泳シーズンは総合スーパーや量販店で水着の催事場が設置されますが、シーズンオフは選べる水着が限られます。通販ならば、季節を問わずさまざまなタイプの水着をスムーズに購入することができます。



 


小学校高学年からのスクール水着選びは、さまざまな角度から考えて選ぶ必要があります。スクール水着はシンプルですが、シンプルなだけに品質が重要です。子どもの要望を聞きながら、とっておきの1着を探してみてはいかがでしょうか。




閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page